耳が痛いときの原因

扁桃腺炎による耳の痛み

ここでは耳以外の原因となる病気、扁桃腺炎について詳しく説明していきます。

扁桃腺炎とは扁桃腺に炎症が起こっている状態で、扁桃腺が病原体などと接触して戦っている時に起こるものです。扁桃炎とも呼ばれます。
急性のものと慢性の物がありますが、耳の痛みを伴う程症状が強いのは急性扁桃腺炎です。


sponsored link




急性扁桃腺炎の原因は、過労や気温の急激な変化によって風邪を引いた時、過度の喫煙、暴飲暴食、ストレス、ホコリやハウスダストなどの原因によって体調不良を起こし、免疫力が下がって細菌やウイルスの増殖を許してしまい、扁桃腺炎を誘発してしまいます。原因菌としては、化膿性連鎖球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌などが挙げられます。

扁桃腺炎の症状は、のどがイガイガする、喉の奥が赤く腫れる、食べた物を呑み込むと痛い、熱っぽいなどの初期症状から始まり、進行するにつれ38度以上の高熱、頭痛や関節痛、首や耳の下の腫れと痛み、全身倦怠感、食べた物だけでなく唾を呑み込むのも痛い、などが挙げられます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

  副鼻腔炎(蓄膿症)

  顎関節症

  虫歯・歯周病

  アデノイド肥大

  三叉神経痛

  しもやけ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
miminoita3★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。